「ゲーム」性のあるものが好きな輩の活動記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
っと記事にしました。

だって写真撮るのとかめんd

お待たせしてすいませんでした。(え?待ってない?)

まぁ、そう言わずに見てってください。



これは小6の頃よくやってたアソビです。

校庭の庭で飛行機を飛ばしては池に飛行機が落ちてしまったり、

校舎の高いところに引っかかってしまったところを用務員さんに取ってもらったり・・・。

イイ思い出です。


では、続きからどうぞ。

※ ここでいう「よく飛ぶ」とは「長い距離飛ぶ」ではなく、「長い時間飛ぶ」です。
[よく飛ぶ紙飛行機の作り方]の続きを読む
スポンサーサイト
ッコがなかったら衝撃の告白ですねw

これは小1の頃の話。けっこ仲のイイ友達と寄り道しながら帰ってた時のことです。
帰り道の途中に人気のない旅館がありまして、その駐車場の傍に雑草が生えてる場所がありました。
その場所で私とその友人はしばしば “薬作り” と称したアソビをしてました。

好き→嫌い→好き→嫌い→・・・っていう花ありますよね?(名前は忘れた
あれの黄色い部分が薬の材料でして、石ですりつぶしてハイ完成w
そしてそれをそのままにして帰るという自己満足なアソビです。

何がおもろいの?みたいなアソビですが、ガキんちょの私にはおもろかったんでしょうね。

今のTVゲームやネトゲのようなデジタルなゲームもおもろいですが、
あの頃のアナログなゲーム(アソビ)もおもろかったなぁ。
の続き。(拍手ありがとうございます~)

前回説明した マンホールの上を何個自転車で乗れるか!? ゲームなんですけど、
やってみれば分かりますが、ガキンチョだった私にもマンホールの上なんて簡単に超えられるんです。

そこで編み出したのが、 家までに決められた回数内だけ自転車を漕いで帰るぞ!! ゲームです。

幸いながら帰り道はなだらかな下り坂が多かったので好都合なんですね。
例えば漕ぐ回数を100回と設定します。
それで帰ることが出来れば「次回の帰り道は95回にしよう!」とかってなるんですね。

それでも限界が近づいてくると工夫をしようとします。
下り坂で勢いをつけるために わざとグニャグニャ走ろう とか、
赤信号が見えたら若干スピード緩めて止まらないようにしよう とか。

記録更新が途絶えてきたらマンホールゲームを引っ張り出して、
10回マンホール乗ったら1漕ぎゲットー みたいな。


そんなこんなで創意工夫と自転車は好きなモノになってます。


ネタに困った時はまたこんな話します。
学校3年の途中~卒業まで習字を習っていました。
そのおかげもあって字を書くことは今でも自信を持っています。

まぁ、それはおいといて習字教室までは自転車で移動していました。
その帰り道にやっていた遊びを紹介します。


習字教室から家まで無数にあるマンホール。
そのマンホールの上を何個自転車で乗れるか!? というもの。

これが中々楽しいものなんですよ。

帰り道の途中にある歩道は車道と家に挟まれていまして、
その場合には歩道にマンホールがあることが多くMP(マンホールポイント)の稼ぎ時なんです。

   |    |    |    |
家 |  | 車 |  | 家
   |  | 道 |  |
   |    |    |    |         ←こんな感じですね


どんなもんでしょ?面白さ伝わりました?
次回はこれの派生ゲーム紹介します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。